火葬は必要?ペットとの別れ方

火葬は必要?ペットとの別れ方

火葬は必要?ペットとの別れ方 大切なペットが亡くなった場合、どのようにお別れをすべきなのかよく考えておくことが大切です。
最近ではペット火葬を行う人が増えてきていますが、ペットとの別れ方について確認しておきましょう。
まずペット霊園でペット火葬を行う場合、充実したサービスを受けることができます。
火葬は合同で行う場合や個別で行う場合があるので、確認しておく必要があります。
火葬が終わるとお骨拾いができることが多く、骨壺に入れて持ち帰ることもできます。
最近ではペットと一緒に入れるお墓なども登場しており、利用者が増えてきているということです。
自宅で葬儀を行うという方法もあります。
葬儀後は霊園などに移動して火葬を行います。
葬儀は自力で行うこともできますが、専門の業者に本格的な葬儀を依頼するという方法もあります。
料金は業者によってさまざまです。
火葬はせずに遺体を土に還したい人もいるかもしれません。
しかし、動物の遺体は庭に埋められないこともあるため、ルールをきちんと確認することが大切です。

ペット火葬で立会いが可能なのかを知りたい

ペット火葬で立会いが可能なのかを知りたい ペットとして飼っていた愛犬や愛猫が亡くなって、ペット火葬を行う人も多くいます。
最後のお別れをするために、家族で見送りたいということも多くあります。
ペット火葬には個別火葬と合同火葬の2種類があり、合同火葬の場合にはスタッフが出棺からお骨上げまでを行います。
個別に行われるペット火葬には、基本的に誰でも立会いをすることができます。
飼い主以外にも、親しくしていた飼い主の友人やペット仲間などが同席することもあります。
ただし、スペースの問題などもあるのでスペースに合わせた人数にする必要があります。
大人数だと同席するのが難しいこともあるようです。
出棺から見送り、火葬・お骨上げなどを行います。
参加する際の服装は地味目の普段であることが多く、喪服などは着用しないのが一般的です。
勿論、喪服を着たいという人もいますし、喪服を着ても問題はありません。
移動式のペット火葬などもありますが、火葬している間の待機場所は自宅になることが多いです。

新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>ペット火葬のメリットとその温もりあるサービス
>ペット火葬を選択する際の見落としやすいデメリット
>ペット火葬で発生するトラブル事例とその対策方法
>タイトル: ペット火葬にまつわるマナーとは
>ペット火葬と香典の妥当な相場を案内します

◎2021/6/9

ペット火葬対応の斎場
の情報を更新しました。

◎2021/3/2

ペット火葬の相談
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

火葬は必要?ペットとの別れ方
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 別れ」
に関連するツイート
Twitter

ご自宅でのお別れを選択される方には、仕事の都合や車が無い方、ペットが大きくて運べないなど、他にもいろいろな事情があルカと思いますが、私共がお別れのお手伝いをいたします。ご遠慮なくお申し付けください。

返信先:ペットを飼っているとお別れの時が悲しいですよね🥲 makさんと一緒に過ごせた日々は、ブンチョウさんにとって、とても幸せで穏やかな日々だったと思います。 天国できっと笑って見守ってくれてますよ☺️

別れた夫をペット以下だという女性。 それがレンホー。 蓮舫議員“使い捨て離婚”の真相 家事、育児してきたのは夫|NEWSポストセブン

ペット火葬の専門家が教える、ペットちゃんの最後のお別れの方法とは?

ペットとの思いでや命に関わる話題を見るたび、看取った猫や今居る子らのきっとそう遠くない別れを想像してじゃぶじゃぶ泣いて猫を吸う。 黙って受け入れる銀じい ぐるぐる言いながら鼻を齧りにくる佐助 くせぇ いてぇ 100年生きて…