ペット火葬対応の斎場

ペット火葬対応の斎場

ペット火葬対応の斎場 心を和ませてくれたペットとの死別は、家族や友人の死と同じぐらい気分を落ち込ませます。
大切なペットを弔うために火葬を希望するかたが増えており、民間業者を中心に対応する業者も増えました。
民間業者のペット火葬サービスには主に、業者が用意した火葬場にて家族が参加する立ち会い葬、業者が遺体を預かる一任火葬の2種類があり、体重別に料金設定されています。
犬や猫といった一般的なペットに加えて、うさぎやチンチラ、インコやオウムなどの鳥類など他の小動物の場合も依頼できます。
自治体が管理運営する葬儀場でも、ペット火葬が可能なところが増えてきました。
基本的には該当する自治体在住者のペットが対象になっており、民間業者よりも安く利用できます。
ただし民間業者のように一任火葬できないので、あらかじめ用意したダンボールに遺体を収めたり、タオルなどにくるんで現地まで移動しなければなりません。
ダンボールやタオルごと一緒に火葬するため、首輪など他、燃えにくいものと一緒に入れないように注意します。

気兼ねなく家族だけで執り行うペット火葬で送り出す

気兼ねなく家族だけで執り行うペット火葬で送り出す 大切なペットが残念ながら亡くなってしまい、ペット火葬が必要になった際に家族だけで執り行うケースが増えています。
一般的な火葬のように親戚縁者と言った大人数の弔問客を招待した場合、多大な時間や手間、費用がかかってしまうだけではなく、悲しみに暮れている中でそれらの手続きを行うのは心身ともに負担となります。
また、多くの方が忙しい毎日を過ごしている昨今、特に遠方に住んでいる方にご足労を願うのも恐縮してしまうことも少なくありません。
そんな状況を鑑みペット火葬を取り扱っている葬儀社でも、そのペットと近い関係の家族のみで執り行うプランを提供するケースが増えています。
これらのペット火葬のプランを利用すれば費用を最小限に抑えられるだけではなく短時間で済み、誰にも気兼ねなく亡くなったペットに思いを馳せることができます。
多くのペット火葬のプランでは火葬場の利用は完全予約制となっており、待ち時間も無くスムースに全てを完了することができます。

新着情報

◎2024/2/1

情報を更新しました。
>ペット火葬のメリットとその温もりあるサービス
>ペット火葬を選択する際の見落としやすいデメリット
>ペット火葬で発生するトラブル事例とその対策方法
>タイトル: ペット火葬にまつわるマナーとは
>ペット火葬と香典の妥当な相場を案内します

◎2021/6/9

ペット火葬対応の斎場
の情報を更新しました。

◎2021/3/2

ペット火葬の相談
の情報を更新しました。

◎2021/1/5

火葬は必要?ペットとの別れ方
の情報を更新しました。

◎2020/10/15

サイト公開しました

「ペット 対応」
に関連するツイート
Twitter

Amazon Wansview Q7 監視カメラ室内ペット用-300万画素2K 防犯カメラ- 屋内 動体検出 ネットワークカメラ 2.4GWi-Fi ベビーモニター 360度ペット子供見守りカメラ 暗視撮影 双方向通話 家族共有 Alexa対応 マイクロSDカード録画 16倍デジタルズーム

Amazon Wansview Q7 監視カメラ室内ペット用-300万画素2K 防犯カメラ- 屋内 動体検出 ネットワークカメラ 2.4GWi-Fi ベビーモニター 360度ペット子供見守りカメラ 暗視撮影 双方向通話 家族共有 Alexa対応 マイクロSDカード録画 16倍デジタルズーム

神奈川全域で深夜早朝にも対応ペット火葬の安心なお見送り。

愛するペットが旅立ち、悲しみに暮れる飼い主が感動した“火葬場スタッフの対応”に3万いいね 「遺族の気持ちってこんなに変わるもんやな」